メディア

メディアとチャットサービスと連携し、 顧客ニーズを掘り出す新しいサービスへ

リスナーとより親密な関係を実現。ニュースの収集も

課題

インターネット誕生以前から存在する新聞、ラジオ、テレビといった伝統的マスメディアは双方向的なコミュニケーションが可能なインターネットと比べると、視聴者に一方的に情報を提供するという特徴が拭えません。しかし、インターネット誕生以降は、こうした伝統的メディアにも視聴者の獲得のためには双方向的なコミュニケーションが求められています。もちろん、こうした伝統的メディアもウェブサービスを構築し活用していますが、チャットボットが実現するまさに会話のようなライブ感のある双方向的コミュニケーションに比べれば、ウェブサービスですら一方的な印象があります。
チャットボットを活用すれば、伝統的メディアは既存のウェブサービスを上回る双方向的なコミュニケーションを視聴者と実現することができるのです。

施策

WEB接客ソリューション「OK SKY」の導入により、伝統的メディアは視聴者と様々な形態の双方向的コミュニケーションを実現できます。

■ラジオ

ラジオ番組にチャットボットを導入すると、リスナーとの新たなコミュニケーションチャネルとして機能します。既存のラジオ番組は、紙のはがきやウェブサイトを使ってリスナーと交流しています。しかし、LINEに代表されるような会話ユーザインタフェースのアプリが若年層を中心に普及している現在においては、チャットボットを新たなコミュニケーション・プラットフォームとして採用して然るべきです。チャットボットを使えば、ラジオパーソナリティとリスナーのライブ・コミュニケーションも可能となります。さらには、ラジオ番組をオンエアしていない時間帯にはAIパーソナリティがリスナーと交流することも実現可能です。

■テレビ

テレビ番組のプロモーションにもチャットボットは活用できます。従来ではテレビ番組のプロモーションのためにウェブサイトが構築され、こうした傾向は現在も見受けられます。しかし、最近ではインターネット・ブラウザよりもLINEのようなSNSアプリを利用する時間のほうが長い、という風潮が若年層を中心に広がっています。幸いなことに、LINEをはじめとしたメジャーなSNSアプリはチャットボット・アカウントを立ち上げられるサービスを提供しています。こうしたSNSアプリのチャットボット・プラットフォームを活用すれば、少ないコストで新たなコミュニケーション・チャネルが構築できるのです。SNSアプリのユーザは、こうしたテレビ番組のチャットボット・アカウントと友だちと交流するように交流することでしょう。

■インターネット

既存のインターネット・ニュースメディアも、チャットボットを活用してユーザに新たな体験を提供することができます。典型的なインターネット・ニュースメディアでは、大量のニュース記事がリスト表示されています。こうしたリスト表示では、読者は自分の関心に沿った記事をタイトルを見ながら探すことになります。こうした「読みたい記事を探す」という当たり前の行動が、チャットボットを導入することによって変わるのです。チャットボットを活用すれば、ユーザが事前に登録しておいたキーワードやカテゴリーにもとづいて、会話ユーザインタフェース上におすすめのニュースを表示する、ということが可能となります。おすすめのニュースはAIによって選定されるので、読者がニュース・チャットボットを使えば使うほど、おすすめする精度が向上することでしょう。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ