不動産

WEB接客で潜在顧客を獲得!来店予約まで完結

希望条件を入力すれば、おすすめ物件を自動入手

課題

現在、多くの大手不動産チェーンではウェブサイトから大量の不動産情報が検索できる環境が完備されています。
しかし、そうした検索環境をユーザが使いこなしているかどうかについては、疑問の余地が残ります。というのも、検索できる情報が多すぎて、逆説的に探したい不動産物件情報にたどり着かないことがあるからです。現在のウェブサイトからの検索は、リアル店舗において店舗スタッフと気軽に会話しながら、きめ細かい検索結果を教えてもらうというような水準にはまだ達していません。不動産情報を探すユーザとしては、リアル店舗でスタッフと話すような気軽さでウェブを使って目的の情報を得るのが理想でしょう。
また、不動産情報の増大は、リアル店舗のスタッフの負担の増大を招いています。膨大な不動産情報のなかからユーザに最適な情報をすすめるのは、不動産業界に精通しているだけではなく、結局のところ、ユーザと店舗スタッフの相性が大きく影響しています。こうしたリアル店舗の現状が、スタッフの離職の原因となることもあります。

施策

WEB接客ソリューション「OK SKY」を導入することで、「チャットボット検索」「チャットボットのおすすめ」「AIによるWEB接客」が実現します。

■チャットボット検索

従来のウェブ検索に代えて、チャットボットの会話ユーザインタフェースを使って検索を行うことです。従来のウェブ検索では、大量に並べられた「駅から10分以内」「バス・トイレ別」といった検索属性を指定して検索します。この検索スタイルでは、まずどんな検索属性を指定できるかユーザ自身が把握することが始めなければならないので、直観的かつ気軽に検索できるとは言い難いものがあります。チャットボット型の検索スタイルに代えれば、チャットボットのガイドに従って検索属性を入力すればよいので、ユーザは気軽に検索できるようになります。チャットボットの検索結果から、検索された物件を取り扱っている店舗に直接連絡できる機能も実装すれば、ユーザはより気軽に店舗に来店できるようになるでしょう。

■チャットボットのおすすめ

チャットボットに検索してもらい、その結果をユーザに提示するというものです。この機能を使うには、まずチャットボットのガイドに従って、不動産情報に関する検索属性を入力しておきます。すると、チャットボットに実装されたAIが検索属性に沿うような情報を収集するのです。こうして収集された結果は、定期的にユーザに通知されます。この機能は、すぐには転居しないが不動産情報を集めているようなユーザにとっては、非常に重宝するものでしょう。さらに、おすすめ物件に関連して、周辺の買い物事情や交通情報等を発信することによって、ユーザはよりチャットボットを頼りにするようになるでしょう。

■AIによるWEB接客

以上のふたつの機能が実現することによって、「AIによるWEB接客」の環境が整います。会話ユーザインタフェースを採用しているチャットボットは、リアル店舗におけるスタッフの接客の一部を代行することができるのです。このように業務の一部をAIに代行してもらえば、店舗スタッフの負担を軽減できることは明白です。また、チャットボットのAIはどのユーザに対しても対等に接客することができるので、ユーザとの相性のミスマッチに起因する契約の失敗を減らすことができます。WEB接客ソリューション「OK SKY」の導入は、不動産店の経営という観点から見てもメリットが多数あるのです。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ