サービス・イベント

WEB接客でイベントの回遊を促進するオムニチャネル戦略

行きたいブースにすぐ案内 ー気軽にイベント検索もー

課題

大規模な会場で行うイベントでは、会場が広すぎるために来訪客が行きたい場所に行けない、という問題が発生します。また、見本市のような多数の発表が行われるイベントでは、見たいイベントが何時に開催されるのか、あるいはこれから始まるイベントにはどんなものがあるのか、という疑問も生じます。ウェブ上からイベントリストとスケジュールを調べれば、以上のような問題は解決しますが、こうしたウェブによる解決は来訪客にとっては面倒なことです。もっと簡単に行きたい場所を見つけられ、これから開催される発表が何であるか調べる方法があれば、訪問客の満足度は向上するでしょう。

この問題をイベント運営側から見れば、訪問客を適切に誘導することができれば、イベントの宣伝効果が向上し、さらにはイベント自体のブランド的価値も上がることが期待できます。

施策

WEB接客ソリューション「OK SKY」の導入により、チャットボットを活用した「おすすめロケーションへの誘導」「イベント検索」「物品販売の促進」が実現します。

■おすすめロケーションへの誘導

チャットボットが訪問客におすすめの場所を提案するサービスです。このサービスを使えば、チャットボットが尋ねる質問に訪問客が答えていけば、チャットボットがおすすめロケーションを提示します。例えば、家電見本市で使う場合には、まずチャットボットが「行きたい家電イベントの製品カテゴリーを入力してください」と尋ねます。訪問客が「4Kテレビ」と入力すると、4Kテレビに関するプレゼンイベントの場所が列挙された回答が返ってきます。同様のサービスを遊園地で活用する場合には、訪問客がチャットボットに「観覧車に乗りたい」と入力すると、観覧車の場所が提示されるでしょう。以上のサービスは、従来のウェブや印刷されたパンフレットを使って調べるのと比べると、はるかに気軽に使えてかつ迅速に適切な回答が得られます。

■イベント検索

チャットボットに採用されている会話ユーザインタフェースを使ったイベント検索サービスのことです。従来のウェブ検索における根本的な問題は、そもそもあまり知らない事柄に関してはうまく検索できない、ということがあります。例えば家電見本市でイベント検索を行う場合には、行きたいイベントに関連する検索語を知っているか、検索設定から行きたいイベントに関連する設定を探さなければなりません。対して、チャットボットによる検索は、ウェブ検索により柔軟に対応することが可能となります。家電見本市のイベント・スケジュールを知らなくても、チャットボットに「10:00から始まるプレゼンイベントを教えて」と入力すれば、来訪客が求めている回答が返ってきます。同様の検索結果をウェブ検索から得ることも可能ですが、チャットボット検索のほうが直観的かつ気軽に利用できます。

■物品販売の促進

イベント会場での物品販売にチャットボットを活用するサービスです。大きなイベント会場には、各所にドリンク等の飲食物を販売する場所が設けられていますが、そうした場所には決まって長蛇の列が発生します。こうした現状に対して、例えばチャットボットを活用して飲食物の販売所に着く前に注文を出せるシステムを構築すれば、待ち時間の短縮が期待できるでしょう。また、チャットボットを介してクーポン券を配布する、という施策も考えられるでしょう。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ